あとで読む

出張などの短期滞在の部屋

受験や出張などでホテルに泊まるのは普通ですが、滞在期間が1週間を超えるとホテル代もバカになりません。
そんな時、1週間単位など期間を決めて借りられるウィークリーマンションなどの短期滞在型賃貸を利用すると経済的かもしれません。
短期滞在型賃貸には、1週間から月単位で借りられる部屋があり、家具、家電などの生活必需品が基本設備として準備されています。
ホテルとは違い、洗面用具などの消耗品は用意されていないため、持ち込む必要がありますが、中にはペットの同行が可能という物件もあり、旅行や出張にペットを連れて行きたいという人にもおすすめです。
ウィークリーマンション等を経営する企業はいくつかありますが、ほとんどの企業がインターネットサイトで情報を提供しているため、滞在地のエリア、沿線、駅名などから物件を探すことができ、インターネット対応や駐車場対応などのこだわりの条件などでも見つけることができます。
インターネットや電話で空室があるか問い合わせをして、希望日に空いていれば申し込み、契約を済ませて、予定通り入居・退去するだけです。
入居も退去もスタッフ立会いなどもなく、指定どおりの方法で鍵を受け渡すだけなので、ホテルにチェックイン・チェックアウトするような感覚で借りられます。
もちろん、退去後にきちんと清掃されるため、利用するのに前の人が汚したままだったということもありません。
利用料金は、契約した日数分の部屋代、光熱費、清掃費、契約手数料などで、ホテルに泊まった場合と比べるとリーズナブルといえるでしょう。
また、数ヶ月単位の長期滞在だからといっても、普通の賃貸物件を借りるとなると、敷金、礼金、仲介手数料などの諸費用のほか、生活に必要な家具・家電なども自分でそろえなければならなくなるため、やはり短期滞在型賃貸でのマンスリー契約の方がリーズナブルといえます。
ウィークリーマンションやマンスリーマンションでも、消耗品をオプションでつけたり、タオルなどのレンタルを頼んだりすればその分の料金は全て別途でかかってしまいますが、自分で準備しなくてもよく、着替えなどだけを持っていけばすぐに生活できるというのは便利です。
ウィークリーマンションやマンスリーマンションは、出張や受験だけでなく、引越しまでの仮住まいや介護や介助のための滞在にも利用できます。
炊事道具や食器類も備品として置いている物件も多く、置いていない物件でもレンタルできるので自炊も可能ですし、部屋タイプによっては1人ではなく、2人以上や家族で利用することができる物件もあり、旅行などにも利用できるのです。

住まいや賃貸、ココがおすすめですよ

Copyright (C)2017割安物件の探し方〜公共賃貸・学生賃貸・他多数〜.All rights reserved.